top画像
福岡のリノベーション業者をお探しなら | REMO 百田工務店 > 中古+リフォームの特徴
  • イベント
  • お問い合わせ
  • こだわりの事例
  • 3つの特徴
  • 限りある予算をどう使うか
  • お客様の声

タイトル

  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3

中古マンション + リノベーションの場合
「中古マンション」=「雨風を凌(しの)げる土地」
一戸建てを建てる場合は、その土地に合わせてこだわりのある自分たち好みの
住宅を自由に建てられることと思います。(もちろん法規的な制限などはありますが。)
中古マンションのリノベーションの場合は、躯体(くたい)を残して全て解体する、いわゆる「更地」にしてから、自分たち好みの間取りや仕様を新たに建築します。つまり、中古マンションを「雨風凌(しの)げる土地」として考えるのです。
「確かに値段は安い。立地も希望に合う。でも築年数は古く、実際に中を見てみたら、インテリアや間取、設備機器も築年数と同じように古い...」、「予算内に収まるし、リフォームもされていてキレイ。だけど、床の色がどうしても気に入らない...」
今まではそこで終わっていた"おしい"中古マンションこそ、リノベーションすることで、自分たち好みの住まいへ生まれ変わる可能性を秘めていると思います。
画像

実際に自分たち好みの間取りに出来るのか?
とは言っても、不動産情報誌やインターネットからの売買情報や間取図だけでは私たちでもどこまで改修が可能かはわかりません。やはり、現地での確認が必要となります。マンションの場合は、コンクリート躯体の部分は取り壊しなどが出来ませんし、縦配管の位置が動かせないなどの諸条件があります。それを全て確認していく為には、工事や設計に関する知識が必要となります。

そういう時こそ、我々をご活用ください!
「ちょっと気になるマンションがあるので一緒に現地を見てほしいんだよね。」「この壁壊してキッチンをこっちに移動したいんだけどできるかなあ?」という相談は大歓迎です!調査への同行やお見積もり、ラフ設計などの費用は頂いておりませんので、お気軽にお声かけください!
画像

中古 + リノベーションということ
価格は少しでも安く、月々の支払いは家賃より抑えたい。この願いを実現する可能性が「中古+リノベーション」にあります。
実例:中古マンション+リノベーション(販売価格1430万円)の場合【福岡市南区】
棒グラフ
上記グラフは実際に当社にて施工し販売した南区のリノベーションマンションの実例です。
「中古マンション+リノベーション」が、必ず新築マンションより購入価格が安くなり、賃貸マンションより月々の支払い(ローン)が安くなるとは限りませんが、少なくともその可能性は秘めています。
※新築マンションの価格はH22年1月~H23年5月までの福岡市南区(高宮平尾近隣エリア)にて販売された新築マンション(広さ70㎡程度)の平均相場をインターネットなどの販売資料をもとに算出したものです。
※賃貸の月々の支払いはH23年8月現在募集されている福岡市南区(高宮・平尾近隣エリア)のマンション(広さ70㎡程度)の平均相場をインターネットなどの賃貸物件情報をもとに算出したものです。
限りある予算をどう使うか。
私自身の経験をもとにお話し致します。
私が29歳の時、妻が妊娠し、これから生まれてくる子供の事を考えていると、なんとなく「マイホームが欲しいな〜」から「マイホームを買おう!」と決心がつきました。

仕事で建設・不動産に携わっていることもあり、マイホーム探しの情報には苦労はしませんでした。
最初に考えたのが「戸建」か「マンション」か?
夫婦共働き、どちらかというとインドアよりもアウトドア派、草取りなどの維持管理、庭で子供と遊ぶより、家族で出かけることが多くなると考えた私の選択肢は「マンション」でした。

そこで「新築マンション」「築浅中古マンション」「築古中古マンション+自分達らしさリノベーション」の3つを候補にあげました。それから休み日は、新築マンションのモデルルームと中古マンションめぐりをしました。

そこで気づいた事

■「新築マンション」・・・
手が届かないことはないがボーナス払いなどローンの負担が大きくなる。だけど予算を優先すると立地、部屋の広さ、仕様を妥協しないといけない。立地、部屋の広さ、仕様を優先すると予算オーバーしてしまう・・・。

■「築浅中古マンション」・・・

新築マンションに比べて返済が楽になる。だけど築浅中古マンションは立地、広さがあるものはすぐに買い手が決まるので、立地、広さ、仕様の3点で満足するものが少ない・・・。

■「築古中古マンション+自分達らしさリノベーション」・・・
「建物が古いことと外観から今風ではないけど立地や広さに満足出来る物件がある。
また、返済が「新築」「築浅」に比べると楽になる。中身(部屋)はリノベーションすることで自分達らしい部屋になる。」
「そこで、築古の中古マンションを買い自分達らしい部屋にリノベーションしました。
友達が引越し祝いをしてくれた時、マンションの外観と室内のギャップにとても驚いていました。
また、総費用(中古マンション購入費用+リノベーション費用の合計)を聞いてさらに驚いていました。
そして一言「この選択肢があるんだ・・・」
実は、その友達は数年前に築浅の中古マンションを予算と立地を優先して購入してました。 4人家族には少々使いにくい間取りやお風呂、トイレも変えたいけど変えるにはもったいなかった・・・。こんなに変わるんなら相談すれば良かった・・・。 そんな話を聞いていると、この買い方を(築古中古マンション+自分達らしさリノベーション)これから住まいを探す方に知ってほしい、選択肢に入れてほしいと感じました。

人にはそれぞれの価値観があります。
すべての方にあてはまる選択肢ではありませんが、所得が増えにくい時代、将来に不安のある世代にとって住まいに係る出費は抑えたい。 だからと言って一生に一度の買い物、妥協はしたくない。 そこで会社に相談して「REMO(リーモ)」を立ち上げました。

それから6年が経ち、結果的に私達家族は非常に満足しています。 住まい探しで「なかなか自分達の予算、希望の立地、プラン、仕様」が見つからないという方、「築年数の古い中古はちょっと・・・」という方はぜひご相談ください。
私は、「REMO」を通じてお客様の笑顔を増やしていくことを使命と思い仕事をしております。

バナー
バナー